緊急避妊について

知っておいてほしい。
女性医師が伝える「緊急避妊」について【医師にインタビュー】

「避妊せずに性交渉をしてしまった」「コンドームが破けてしまった」等の理由で産婦人科に駆け込む女性。そんな女性の中には、『緊急避妊そのものを知らなかった』『処方箋が必要と初めて知った』という方も少なくないそうです。自分の身体を・パートナーの身体を守るために知っておいてほしい緊急避妊。今日はその緊急避妊について詳しいお話を伺います。

緊急避妊とは

さて、そもそも緊急避妊とはなんでしょうか?この言葉を初めて聞いたという女性は、意外にも多くいます。緊急避妊とは、避妊をしなかったり、避妊はしたけれど失敗してしまった場合、望まない妊娠を回避するための方法です。緊急避妊の方法は、現在は一番簡便な内服での方法が主流となっています。服用は、妊娠を阻止するお薬の効果を考慮し、性交渉から72時間以内の内服が推奨されています。この内服薬を緊急避妊薬(アフターピル)と呼び、病院で処方して受取ることができます。問診で体調等についてのお話をうかがい、特に問題がないようであれば内診などの診察はなく、内服の説明や注意点を聴き受け取ります。保険適用外のため価格は高めで、10,000円~15,000円程度です。アフターピルは性交渉があった後できるだけ早くに服用をすることで、より高い避妊効果が得られます。現在の社会情勢もから、オンライン診療でアフターピルの処方を行う医療機関も増えていますし、そのような状況をご自身の生活に合わせて上手に活用することもできると思います。必要であれば、あまり躊躇せず、早めの受診を心がけていただくと良いと思います

緊急避妊法にはどんな種類があるの?副作用は?

アフターピルの日本での現在の主流は、レボノルゲストレル(商品名:ノルレボ)」というお薬です。2011年にノルレボが承認されるまでは、中用量ピルを用いる「ヤッペ法」が主流でしたが、2011年以降はレボノルゲストレルの使用が普及し始め、近年では中用量ピルに代わり、緊急避妊の第一選択薬として使用されています。第一選択薬である理由は、1回の内服で済み、避妊率も72時間以内の服用で80%以上、24時間以内であれば95%と高いことがあげられます。また、ヤッペ法の際多くみられる副作用(頭痛や吐き気、怠さなど)が殆どないことも理由の1つです。

服用(処方)に年齢制限はなく、妊娠可能年齢であれば内服ができます。上記の2つの他、妊効果が高く120時間以内の服用で効果があるといわれている「ウリプリスタール酢酸(商品名:エラなど )」いう内服薬がありますが、現在日本では認可されていません。医療機関によっては輸入薬剤として販売しているところもあるようです。

また、緊急避妊薬(アフターピル)ではないのですが、効果の高い緊急避妊法として、銅付加子宮内避妊具を子宮内に挿入するという方法もあります。子宮内避妊具とは一般的に「避妊リング(I U D)」と呼ばれているものです。子宮内に挿入することで受精卵の子宮への着床を阻害し、また銅の成分は精子の深部への侵入を抑えるように働きます。いったん緊急避妊具として装着すると、以後は通常の避妊具として、5年間は有効性を保持することができます

服用時の注意点

望まない妊娠を回避するため、年齢制限などはなく処方できるアフターピルですが、以下のような方は避けたほうがいいでしょう。

既に妊娠している方。肝臓の機能が低下している方。アフターピルのお薬を以前服用してアレルギーの症状が現れた方。 特に持病がない方であれば、過剰にはご心配にならなくても大丈夫なのですが、持病がある方や、持病でお薬を常用されておられる方などですと、緊急避妊薬の内服によって体調が悪化してしまう懸念もあるため、注意が必要です。緊急避妊薬処方前の事前の問診では、必ず担当医に、ご自身の健康状態について伝えるようにしましょう。

ひとまず処方を受けたら、なるべくすぐに内服をしましょう。内服後、体調の不調が現れた時には、処方を受けた医療機関へ相談をするようにしましょう。

どうして避妊できるの?メカニズムは?

緊急避妊として使われるアフターピル。なぜ薬を飲むだけで妊娠を防ぐことができるの?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで避妊に有効なメカニズムについてお話します。アフターピルは次の2つの効果をもっています。

排卵の抑制。子宮への着床を阻害。まず、排卵前に服用すると、排卵を遅らせることができ、受精を防ぐことで避妊します。服用が排卵後の服用だった場合は、子宮内膜の状態を変化させ、着床を妨げる働きで妊娠を回避させるといわれています。

服用後は、次の生理日が来ることが避妊成功のサインといえます。つまりそれまでは避妊に成功したかどうかは分からないのが現状です。次の生理がくれば、受診する必要がありませんが、生理が来なかった場合は、妊娠検査薬を使用するか産婦人科を受診するようにしてください。生理予定日までは通常通りの生活で問題ありません。

実は日本では認知度と普及率が低い!海外との違い

日本では、病院で処方してもらう必要があるアフターピルですが、海外の多くの国では薬局で購入することができます。アフターピルの普及について、日本は後進国であるといえるでしょう。海外では、医師の処方が必要ないだけでなく、価格についてもハードルが低く、入手が比較的容易になっています。日本の女性の中には、避妊に失敗して急いで調べて、初めて緊急避妊(アフターピル)を知ったという方がいるほど、認知度も低めです。

何故、日本ではアフターピルの認知度も海外より低く、入手のハードルも高いのでしょうか?それは、産婦人科医が、妊娠している女性が誤って服用してしまうなどの誤用のリスクを懸念していることが考えられます。そのような誤用のリスクを最小限にするために、現在では医師の処方が必要となっています。

緊急避妊薬について

  • ノルレボ

    日本承認済
    新しい・中容量ピル・避妊効果高い・72h以内に1回・高価

  • プラノバール

    日本承認済
    従来型・中容量ピル・避妊効果中程度・72h以内に2回・安価

オンライン緊急避妊外来のメリット

72hの女性の不安に寄り添い、
プライバシーに配慮したオンライン診療し、
スピーディに緊急避妊薬の服用ができる

オンライン診療による緊急避妊薬の処方では、お薬を受取る薬局店舗にて服薬指導の後、薬剤師のサポートの下その場で確実な服薬を行います。

無料で事前登録する

サービスの流れ

※現在の対応薬局は北海道エリアにあるツルハ薬局各店になっております。(順次拡大予定)
※オンライン診療にて、医師より持病や妊娠の可能性があると判断された場合には処方が難しい場合がございます。

Phase 1.
問診・診療

  • 1. アカウント登録

    メールアドレス、性別、氏名、生年月日を登録することで完了

  • 2. 診療科・クリニック・診療時間の選択

    診療を受けるクリニックを選択した後、診療科は緊急避妊外来を選択します。そして空いている診療時間枠を選択します。診療時間選択では、性行為から72hまでに確実に緊急避妊薬を服用できるように、処方せんの発行タイミングを確認した上で診療時間を選択してください。

  • 3. 基本情報・問診票入力

    診療に必要な、ご⾃⾝の⽒名・住所・電話番号などの基本情報と問診票への⼊⼒を⾏い。オンライン診療を希望する時間を選択・予約します。

  • 4. オンライン診療(ビデオ面談)

    予約した時間5分前からビデオ面談のルームに⼊ることができます。症状や気になることを医師に伝え、診断・処方をしてもらいます。

Phase 2.
処方箋発行・
薬の受け取り

  • 1. 処方せん発⾏・⾃動的にFAX化され薬局へ送信

    診療が終わり、処方箋が発⾏されると、⾃動的に登録した最寄薬局店舗に処方箋FAXが送信されます。

    ※処方せんの発行が連携クリニックの営業時間内となるため、発行までに時間がかかるケースがございます。

  • 2. 登録した最寄り薬局店舗にて薬の受取

    処方が完了すると、薬局店舗より準備ができた旨の連絡が⼊りますので、ご⾃⾝の好きなタイミングで受取にいくことができます。

    ※処方せんは、診療予約時に選択した薬局に自動的に送信されますのでご注意ください
    ※お薬の受取りは、薬局の営業時間内となりますので、営業時間をご確認の上、訪店いただけますようお願い致します。

  • 3. 受取り薬局店舗にて緊急避妊薬の確実な服用

    オンライン診療による緊急避妊薬の処方では、お薬を受取る薬局店舗にて服薬指導の後、薬剤師のサポートの下その場で確実な服薬を行います。

Phase 3.
アフターサポート

  • 服用後の不安はオンライン医療相談でサポート

    お薬の服用後に発生する不安に関しては、緊急避妊薬服用後サポートとしてオンライン医療相談にて相談することができます。

正しく避妊できているか確認するために約3週間後に産婦人科での対面診療をお勧めします

アフターピルは100%の避妊効果があるものではありません。服用頂いても、最終的に正しく避妊ができたかどうかは、次の月経が来たタイミングか、専門医による直接診療を行わない限り判断できません。自身で妊娠を回避したと思っていても, 異常妊娠している可能性があります。(※) ご自身の健康のためにも、必ず3週間後に病院で診療を受けて頂くことをおすすめいたします。
※特に,流産・異所性妊娠では,しばしば少量の 月経様出血や,ダラダラ続く不正出血を認める ことがあり,妊娠反応陰性を示す場合もあります

連携している薬局

search

連携薬局店舗

現在位置

よくある質問

72hの女性の不安に寄り添い、
プライバシーに配慮したオンライン診療し、
スピーディに緊急避妊薬の服用ができる

オンライン診療による緊急避妊薬の処方では、お薬を受取る薬局店舗にて服薬指導の後、薬剤師のサポートの下その場で確実な服薬を行います。

無料で事前登録する
Ananmeについて

アナムネについて

医師の知識と経験をすべての人に

アナムネは、「Doctorize all the people-医師の知識と経験をすべての人に-」 のビジョンを掲げ、日本の医療費問題の解決をめざし、2014年9月9日に、菅原 康之 (代表取締役CEO)によって設立されました。病気や医療、健康に関して、 実際の医師にスマホやPCからチャット形式で直接相談ができるオンライン医療相談サービス 「Anamne(アナムネ)」を開発・運営しています。病院が開いていない時間帯や土日であっても、 経験豊かな女性医師が対応できるのが特徴です。現在は、オンライン医療相談サービスに加え、 医療情報検索サービス「clila(クリラ)」やオンライン医師付き血液検査サービス 「おウチで健康チェック」などいくつものヘルスケアサービスを展開しています。 詳しくは